トイレの荷物をかけるフックの位置におもてなしの心を感じます

img_4430

岐阜市のエアコン博士助手です。

外出先でお手洗いに入った時、荷物を掛けるフックの位置が、わりと高いところに付いていて、不便だなぁといつも感じています。

そんなに身長が低い方ではないはずですが、荷物が多い時には、よいしょっと気合いを入れてフックに掛ける時もあります。

また、誰が付けたのか、背伸びをしなければならないほど、高いところに付いてるものもあります。

フックは、通常個室のドアに付いていることが多いので、ドアの中途半端な位置では体に当たる可能性があり、危ないので、自然と高いところになるのでしょう。しかし、ドアに付いてなくても、壁のわざわざ高いところに付いている場合もあります。

私が不便に感じるぐらいだから、お年寄りの方もさぞかし感じているのではないかと思うのです。

そんな中、先日入ったお手洗いのフックが、個室に入ったらすぐ目につく位置にあり、上を見上げる必要もなく、ストレスなく荷物を掛けることができ感激しました。

気がついてくれてありがとう!という気持ちでいっぱいでした。

たかがフック、されどフックです。

 

“不快”を”快”にデキる店
エアコンと水まわりのお困りごとはおまかせ!
岐阜の【エアコン博士】ニッケン
フリーコール:0120-131364

 

 

コメントは利用できません。

資料請求・お問い合わせは 0120-131364へ

資料請求・お問い合わせ
Copyright 2022 株式会社ニッケン